スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全体最適_最適在庫数

さて、

今回は
サラリーマンにおける小綺麗を目指す際に、配慮すべき点について綴る。

キーワードは「全体最適」である。


当ブログでは、下記2点に着目してみたい。


01.ワードローブの所有数における全体最適。
02.見た目の全体のバランスにおける全体最適。


今回は01について綴る。


時々、「一人のサラリーマンが所有すべきワードローブの数はいくつが最適か?」と尋ねられることがある。


例として、
スーツは何着所有すべきか?
ビジネスシューズは何足所有すべきか?
ワイシャツは?
アンダーウェアーパンツは?
ハンカチ、ソックス、ネクタイ。

冬ならコート、手袋、マフラーなどなど、
ビジネスワードローブを挙げれば数多くに達する。


そんな中、私がアドバイスするのは、下記の通りである。

「あなた自身が週に何回、スーツスタイルを着用する回数があるか?を考えることが1つの目安となろう。」


1週間は何日か。
日曜から土曜の7日間である。


ここでは、
「週休2日の会社として、会社が営業している5営業日については毎日スーツスタイルで出勤しなければならない」と仮説を立ててみる。

すると、おのずと最適なワードローブ所有数が見えてくる。


ここで、
もう1つ前提となるのはそれぞれのワードローブを1日着用した際のお休み期間や、
洗濯回数も考慮に入れることである。


例えばスーツやネクタイは1日着用したら1日から2日はハンガーに掛け、休ませる。
シワ防止、汗の乾燥のためである。


革製のビジネスシューズも、1日から2日は通気の良い環境で休ませる。
汗を乾燥させるためである。


アンダーウェアーパンツ
アンダーウェアーTシャツ
ビジネスソックス
ワイシャツ
ハンカチなどは、肌に直接触れるものだから
1日着用したら、即洗濯機行き対象となる。


とすると、
スーツ、ネクタイ、革製のビジネスシューズは2から3で充分である。

肌に直接触れるものは、通勤日だけで考えれば、5で良い。


※休暇日のワードローブについては、あなた自身で別途計算していただきたい。


今回、私が示した基準をもとに計算すれば、
スーツスタイルで出勤する回数が週に1回であれば、
ワードローブは少なくて済む。


逆に洒脱な性格を持ち
スーツ、ネクタイ、ビジネスシューズも毎日替えたいのであれば、
ワードローブは増える。

ただそれだけのことである。

ビジネスをしている多くの人が、「最適在庫」のような考え方を会社で意識しながら働いているのであれば、
そんな考え方をワードローブに当てはめてみれば良いだけである。

すなわち、自身が所有すべきモノの「最適在庫数」を先に決めることである。

さすれば、

クローゼットの整理がしやすい。

モノの調達数の計画が立てやすい。
セールやバーゲンだからと言って無駄に多くのモノを調達してしまう防止となる。


1枚のワイシャツが経年劣化をしたならば、
1枚のワイシャツを調達すれば良いと私は考える次第である。


■備考
ここまで、綴っておいてなんだが、
「毎日着てもシワにならない、臭わないスーツ」とか、
「毎日着てもいつもキレイなワイシャツ」なんていうのがテクノロジーの発展に伴い開発され、
市場に出たら、それはそれで大変興味深い。



以上。
スポンサーサイト

ビジネスソックスについて

小綺麗。

ビジネスシーンでの小綺麗を語る。

今回も
外見的な小綺麗に、入る前に、内面と外面の、境界線に該当する、肌着について語ろうと思う。

男性肌着の3大ツールを下記に綴る。
1.アンダーウェアーパンツ
2.アンダーウェアーTシャツ
3.ソックス
この3つは、直接肌に身に付けるものだ。

人体に一番近い着用物であるがゆえに、一番気を使った方が良いのではないかと考える次第である。

今回は、肌着シリーズ最終回なのだが、
私がこれから愛用したいと思うビジネスソックスメーカーについて紹介したい。

さて、
ビジネスソックスは、ビジネスシーンにおいて、他人に面と向かって目に付くものではないが、チラチラと見え隠れするものである。
ソックスはチラチラと見え隠れして良いが、ソックスがずり下がりスネが見え隠れしてはいけない。
それは、
カッチョ良くない。
スマートでない。
小汚い。

したがって、
私は小綺麗を目指す人間として、自身のビジネスソックスに配慮すべしと考えている。

さて、
私は、ビジネスソックスにおいては
ハイソックス/ブラックもしくはネイビー派である。

これまで
ユニクロの三足セット。
ポロラルフローレン。
靴下屋。
などを着用してきたが、すべてが初日でずり下がり、残念な結果に終わっている。
冬はユニクロのヒートテックのモモヒキ(ステテコ?)を着用した上にソックスを着用するため、
繊維同志の摩擦効果が向上し、幸いなことに、ずり下がりは生じないのだが。
しかし、春夏はモモヒキを着用しないため摩擦係数が低下し、ずり下がりが発生率が上昇するのである。

しかしながら
10月半ばに購入した、あるビジネスソックスには驚いた。

メーカ名は「ソックスbox408」
ロングホースソックス/ブラック(25cm~27cm)580円

ソックスbox408のロングホースソックス/ブラック(25cm~27cm)に対する私の驚きのポイントを下記に列挙する。
01、着用感。「ホントですか?」というぐらい、ずり下がりが発生しない。また私の足のサイズにピタリと収まった。
02、調達先はAMAZONになるが1足からの発注でさえも、関東地域(神奈川県川崎市に住居があってラッキーであった。)に限り送料不要である。
03、ハイブランドと比較すると安価な価格:580円
※余談であるが、サイズは(25cm~27cm)の1種類しかないらしい。

繰り返しになるが、
生身のスネは、ビジネスシーンにおいて決して他人に見せてはいけない。
だが、靴下はふとしたことで見えてしまうものだ。
ゆえに、柄、カラーリングにも配慮をした方が良い。

スポーツソックスやホワイトソックスは回避した方が良い。
スーツの色やビジネスシューズの色に合わせるのが、スタンダードであろう。

さて、
私は
ソックスbox408のロングホースソックス/ブラック(25cm~27cm)はお試しとして
1足購入しただけである。

即、買い足していくか、
今、所有しているソックス群が壊れ始めたら、買い足すかタイミングを見計らっている。

しかしながら栄枯盛衰の世、新しいブランドにも期待したいし、

読者が
おススメするメーカーなり、ブランドがあれば紹介していただきたいと考える。

以上。

アンダーウェアTシャツ

小綺麗。

ビジネスシーンでの小綺麗を語る。

今回も
外見的な小綺麗に、入る前に、内面と外面の、境界線に該当する、肌着について語ろうと思う。

男性肌着の3大ツールを下記に綴る。
1.アンダーウェアーパンツ
2.アンダーウェアーTシャツ
3.ソックス
この3つは、直接肌に身に付けるものだ。

人体に一番近い着用物であるがゆえに、一番気を使った方が良いのではないかと考え
る次第である。

そこで今回は、肌着について私が日頃愛用しているメーカーについて紹介したい。
前回のアンダーウェアーパンツに続き、今回はアンダーウェアーTシャツについての
み綴る。

さて、
アンダーウェアーTシャツは、ビジネスシーンにおいて、他人の目に付くものではない。
また、自ら見せるものではない。
だが、クールビズはノーネクタイとなる企業多いため、
襟の第一ボタンをはずしている場合、Tシャツが見え隠れする者も見かける。

とは言え、私は小綺麗を目指す人間として、自身のアンダーウェアーTシャツに配慮
すべしと考えている。

ちなみに、私はVネック・ホワイト派である。

丸首型も着用してきた過去はあるが、いつの間にかVネック・ホワイト派となった。

過去から今に至るまで
色々とメーカーを試した結果、
ユニクロのドライフィット白・Vネック型に落ち着いてしまった。
季節問わずである。(秋冬はヒートテックのステテコで充分に防寒可能である。)

ユニクロのドライフィット白・Vネックに対する私のお気に入りポイントを下記に列
挙する。
01、着心地。Sサイズがあるのが嬉しい。
02、洗濯後の速乾性。
03、ハイブランドと比較すると安価な価格(店頭価格990円であっただろうか)
04、メッシュのスポーティな雰囲気。
05、Vネックのため、ワイシャツの第一ボタンを外しても見えない。
リスペクトしすぎだろうか?

繰り返しになるが、
アンダーウェアーTシャツは、ビジネスシーンにおいて決して他人に見せてはいけない。
例えば、私用で着用するカラーリングTシャツは着るべきではない。
そのような着こなしは、高校生で卒業である。
ワイシャツから黒地のTシャツが透けて見え、さらにそのTシャツがメッセージTシャツの類で、「I Love Tokyo」という文字まで見えてしまったら、残念なこと、この上ない。

ホワイトTシャツで、残念に思うことが、実は1点ある。
ホワイトTシャツも、ワイシャツを着用すると、実は透ける。
本音を言えば、透けて欲しくない。
工夫として、ベージュの肌着を着用すると、透けにくいらしいが、私はベージュのTシャツを今のところ避けたい。
なぜなら、Yシャツを脱いだ時の姿がどうもしっくりこないと感じるからだ。

さて、
私は
2年ほど前からアンダーウェアーTシャツが経年劣化する度にユニクロのドライフィット白・Vネック型を購入してきた。
今では、私の所有する9割方のアンダーウェアーTシャツはユニクロのドライフィット白・Vネック型になった。
所有率100%まで、後少しである。

しかしながら栄枯盛衰の世、
新しいブランドにも期待したい。
Tシャツが透けないワイシャツか
ワイシャツ越しに透けないホワイトTシャツか
どちらかが発売される予定であれば、試したい。
既に発売されているのであれば教えていただきたい次第である。

以上。

アンダーウェアーパンツ

小綺麗。

ビジネスシーンでの小綺麗を語る。

今回、
外見的な小綺麗に、入る前に、内面と外面の、境界線に該当する、肌着について語ろうと思う。

男性肌着の3大ツールを下記に綴る。
1.アンダーウェアーパンツ
2.アンダーウェアーTシャツ
3.ソックス
この3つは、直接肌に身に付けるものだ。

人体に一番近い着用物であるがゆえに、一番気を使った方が良いのではないかと考える次第である。

そこで今回は、肌着について私が日頃愛用しているメーカーについて紹介したい。
少々長文になるため、今回はアンダーウェアーパンツについてのみ綴る。

さて、
アンダーウェアーパンツは、ビジネスシーンにおいて、他人の目に付くものではない。
また、自ら見せるものではない。

とは言え、私は小綺麗を目指す人間として、自身のアンダーウェアーパンツに配慮すべしと考えている。

私はボクサーパンツ派である。

トランクス、ブリーフも着用してきた過去はあるが、いつの間にかボクサーパンツ派となった。

過去から今に至るまで
色々とメーカーを試した結果、
グンゼが発信するブランド、
BODYWILDに行き着いた。
BODYWILDに対する私のお気に入りポイントを下記に列挙する。
01履き心地。
02洗濯後の速乾性。
03ハイブランドと比較すると安価な価格(ドンキホーテで1000円~1500円といったところか。)
04スポーティな雰囲気。
05豊富なカラーリング、プリント柄。
リスペクトしすぎだろうか?

繰り返しになるが、
アンダーウェアーパンツは、ビジネスシーンにおいて決して他人に見せてはいけない。
例えば
「先週、カッコ良いアンダーウェアーパンツを買って、今日履いてるんだ。どうこれ?」
と言って会社の執務室にて、スーツパンツを下ろす人間はいないだろう。

逆にビジネスシーンにおいて唯一見られてしまう可能性が高い場所は男性用トイレの小用くらいのものだ。
それは、致し方無しである。

時には、大事な会議、折衝、プロジェクトの推進時に、自分なりの「勝負パンツ」を着用する。

「勝負パンツ」を履くことで、気持ちが引き締まるのである。

2年ほど前からアンダーウェアーパンツが経年劣化する度にBODYWILDを購入してきた。
今では、私の所有する9割方のアンダーウェアーパンツはBODYWILDになった。
所有率100%まで、後少しである。

所有率100%になった暁には
私は365日
勝負する、勝負師になるのだろうか?

しかしながら栄枯盛衰の世、
新しいブランドにも期待したい。

以上。

「俺の小綺麗道」

今回、男性向けに綴る。

さっぱりしていて美しい。

「小綺麗」

この概念が、最近のお気に入りである。
質素な中の美しさである。

はて、サラリーマンになると、各企業にドレスコードがある。
ユニフォームが提供される企業、
自由な服装で良しとする企業、
スーツを着なさいとする企業、
まぁ、どんな企業であれ、
「全裸で良い」とする企業は無い。

で、今回は、私の経験に即して、
男性、スーツを着て、企業に勤める人に対して綴ろうと思う。

スーツを着用する勤め人になる人達は、新入社員研修において、必ずと言って良いほど、「身だしなみを整えること」が
いかに大切か教えられる。
併せて「清潔感」を要求される。

しかし、年齢を経るごとに、
「身だしなみを整えること」に億劫になり、
「清潔感」が減少していく日本男性はなんと多いこと、と感じる次第である。

過去に、ある男性上司にネクタイが曲がっていることを指摘され、
「ネクタイが曲がってるから、整えなさい」と注意を受けたことがある。

なんのタイミングで、ネクタイが緩んだかは、わからないが、事実私のネクタイは曲がっていたので、直した。

しかし、そんな男性上司の身なりを見て、
ふと思ったのである。
「この人の身だしなみはヒドイ」

私が観察した結果は下記のとおりである。
01 メガネのレンズが汚れていた。
02 スーツの上下にシワが入りすぎている。
03 スーツパンツのプレスラインが完全に消えている。
04 スーツパンツ用のベルトが長すぎて、背中に届きそうだ。
05 ワイシャツがぶかぶかである。
06 スーツもぶかぶかである。
07 スーツの袖がながい。
08 ビジネスシューズが壊れかけている。
09 ビジネスバッグがパンパンになっている。
10 ネクタイの柄が色がありすぎて、目がチカチカする。
など。

スーツを着ているサラリーマンの姿はしているのだが、
「きちんとした身だしなみではない」のである。
私の言葉で言えば
「小綺麗ではない」のである。

では、私自身はどうなのか?
...
多分、小綺麗である。
常に小綺麗を目指したい。

過去の実績では、会社の男性後輩、2、3人から
着こなしを参考にしたいので、普段どこでビジネスグッズを調達しているのか教えて欲しいと言われたことがある。

せっかくブログも綴っていることだし、
今後、気が向いたら
ツラツラと執筆していく。

なお、テレビ番組の「俺のダンディズム」や、巷の書店に並ぶ男性ファッション雑誌にあるような高級ブランド品での「おしゃれ」や「着飾る」ことを目指すわけではない。
あくまでも
「さっぱりとして美しいさま」を目指すものである。
男性としての、周りへ配慮した「基礎の小綺麗」を目指していく。

プロフィール

ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA

Author:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA
性別:Male
生年:1976
血液:B
職業01:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン
職業02:ザ・スタイリッシュ・ストリートダンサー
職業03:オートマティック・クラブDJ
職業04:Webデザイナ
職業05:随筆家

運営Webサイト「久地アバウト」http://www.kujiabout.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。