スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネススーツ

吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

今回はスーツについて綴る。以前、別のコラムでも綴ったが、改めて、綴る。

まず、吾輩が着用しているスーツの選択要件を8点綴る。

01. 上着は2ボタンのシングル
02. パンツはノータック
03. 裾はシングルかダブル
04. 色は、ダークネイビー、ダークグレー、ブラック
05. 柄は無地か、織り柄か、ストライプ
06. 生地は安価で耐久性が良いもの
07. ダンカンというスーツショップでオーダーメイドでサイズをピタリと合わせること。
08. 華美なオプションは追加しない。

続いて選択要件の吾輩なりの理由は下記の通りである。

01~03
スーツスタイルのほぼデファクトスタンダードである。スーツの王道デザインなので安心である。
04
私の体質によるものである。
私は食事の食物によって汗を多くかく場合がある。
そんな時、スーツは濡れる。
故に色の薄いスーツの場合、汗濡れを始め、水濡れなどが発生した際、非常に目立ってしまう。
従って、薄い色は選択しない。
濃いめの色を選択する。また、茶系スーツは選択しない。
色に関しては、また別の回で全体最適の色編で綴りたい。
05
柄が入っていてもよいがスーツのメインカラーに馴染んでおれば、それで良い。
06
言うまでもない。
07
ダンカンは安価である。
体型の計測箇所がこれまでのオーダースーツショップで一番多かった。
従って私の体にピタリとはまる。
また、私は低身長で痩身であるがゆえ、
吊るしのスーツは体に合わない。
ちなみにダンカンのスーツは1着20000円代。
08
オプション(ボタンの種類やポケットを増やしワンランク上にする)とは、機能の追加である。
下手な機能追加はスーツのエッセンスを汚すことになりかねない。
また、オプションによっては追加料金が発生し、
財布に優しくない場合がある。
最低限の金額でオーダーするスーツ。
オプション無しのスーツこそが、無駄が削ぎ落とされた真のスーツかもしれない。

と、まぁ、ここまで
吾輩のスーツ選択要件と理由と哲学めいたものをつづったが、
これは吾輩の体型、体質による要件のため、万人に当てはまるわけではない。

スーツデザインにしても
英国風
伊太利亜風
米国風
果ては仏蘭西風なんてのがあるが
やはり、サイズが自身の体型にピタリと合っているかどうかが最重要である。
シルエットがきちんとしているかが重要だ。
従って今の私にとって、
スーツスタイルのお国柄はあまり関係が無い。
とは言え、知らず知らずのうちに買っているスーツのデザインはどうやら英国風らしい。

若者の間でスキニータイプのスーツが流行傾向であるが、
時に着丈が短すぎヒップが出すぎている者を見かける。
あれは、私の目から見ると残念に見える。
逆に着丈が長過ぎる者も年齢問わず見かけるが、あれも残念である。
袖の長さ、裾の長さ、胸、腰のフィット感などピタリと合っていないと残念に思う。
タイトフィットあるいはゆとりを持ってスーツを着たいという好みはあるだろうが、
キツそうなスーツは見苦しいし
ブカブカなスーツはだらしない。

どんな
スーツサイズが自分に適切かは、
スーツショップで体型を計測してもらい、
あつらえてもらうのがベストと考える。

体型、体質も各個人、千差万別であり、
スーツのデザインや色の好みも千差万別。
しかし、
最適なサイズを着用することが周囲への配慮にもなることは普遍的であると思う。

身だしなみは、おもてなしの第一歩である。

以上。
スポンサーサイト

予告

吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

今回、スーツの話にしようか、ネクタイの話にしようか、迷った。

しかし今回は路線変更。
「今後のブログ執筆における予告編」とする。
執筆したいことが、数多に上ることに気づいた。

執筆したいことは、下記に記すのだが。

ベルト、ビジネスバッグや財布を始めとした革小物や、腕時計、文房具、ハンカチ、メガネ、マフラー、手袋、コート、ネクタイピンやカフス、果ては香水。
さらに
髪の毛の調髪についてQBハウスの素晴らしさ。
歯のお手入れのための歯科通いについて。
スーツスタイルにおける立ち振る舞いや言動。
仕事へのカッコイイ向き合い方、姿勢、気持ちの持ち方。
仕事の小綺麗な進め方。

腹を決める、覚悟を決める、熱意について。
心技体の鍛錬の手法。
オン、オフについてなど、実は語りたいことが思いのほか多いことがわかった。

で、今回は予告のみとする。

現在の
ひとりブレーンストーミングにおいては思いつきと当初決めていたテーマが混在している。
追々、ブログ執筆の順序やテーマ整理が必要だと回顧している次第だ。

次回はスーツについて語る。

ビジネスシューズ

吾輩はサラリーマンである。
名前は、もうある。

今回はビジネスシューズの話である。

サラリーマンは歩く。ケガや病でなければ。

多くのサラリーマンがスーツスタイルで靴を履いて歩く。

スーツスタイルにおけるシューズは、革靴がスタンダードである。

私はストリートダンサーでもあるため、靴選びに注意を払う。
※ストリートダンスのことはアメブロで語っている。興味があればご一読いただきたい。
http://ameblo.jp/mckummer/

私は
黒の革靴、ヒモ有りを4足所有している。
革靴も1日履いたら1日~2日休ませた方が良い。

私も例にもれず
1日履いたら休ませる。

さて、
私の革靴は3足ともメーカーおよびデザインが異なる。

01リーガル
Uチップ型

02スコッチグレイン
スクエアトゥ型

03Dr.マーチン
プレーントゥ型

04ジュンキーノ
スクエアトゥ型

と言うわけで以下、各ブランドを私なりの評価をしてみる。
※04の評価は今回は除く。劣化による、廃棄を検討しているため。

01リーガルについて。
わたしは丸井のビサルノのシューズを履いていた過去がある。
しかしながら王道シューズも履いてみようと思い立ち購入に至った。
ただ懸念は、私の父が
「リーガルは革が固いから、すぐに履かなくなった」と言っていたことだ。
購入後、私の父の発言は杞憂に終わり、リーガルは私にとって履きやすい靴である。
しかしながらサイズが合っていないのか初日からシワが寄ってしまったのが残念である。
今度購入する時は直営店で買うだろう。
とは言え、アスファルトを鳴らす「コツコツ」と言う音は心地良い。

02スコッチグレインについて。
これもビジネスシューズの王道である。
スコッチグレインは会社の同僚に勧められて購入に至った。
リーガルの教訓をもとにスコッチグレインについては直営店を訪れた。(銀座である)
ここは、購入する靴を決めると、
足の裏のヌード寸法を計測し、
最適なサイズの選択を勧めてくれる。

しかし、
ぴったりであるがゆえ、履き慣れるまで足が痛い。
店員が言うには
「最初の2週間程度は、痛い場合があります。しかしながら靴が、お客様の足の寸法に少しずつなじんでいきます。」とのことであった。
これは、本当だった。痛みを乗り越えれば、足になじむ。
今では、一番ダンスに対応できる靴となった。
余談だが、プライベートにおいても、キレイ目なファッションに合う。
私が所有する型ははフィリップス。

03Dr.マーチンについて。
Dr.マーチンは
ストリート系ファッションで人気のあるシューズなのだが
実はむかしむかしは郵便配達人用の靴も生産していた過去を持つ。
そんな歴史もあり、実はビジネスシューズとして十分マッチするシューズも販売している。
いわゆるポストマンシューズ。
ポストマン
晴れであれ、雨であれ、雪であれ、外回りをし、モノを運ぶ。
従って、天候のすぐれない日用のビジネスシューズとして、購入した。
確かに、滑らないし、丈夫である。
しかし、重量がリーガルやスコッチグレインに比べ重い。
故にストリートダンスステップがやや困難である。
とは、言えさすがDr.マーチンである。
プライベートではデニムパンツにもマッチするのは驚いた。
三者三様に各ブランドの個性があり、私はそれを楽しんでいる。

ちなみに、私のビジネスシューズの購入基準は
01.色はブラックであること。
02.紐靴であること。
03.Dr.ミニッツですり減った踵の簡単メンテナンスができること。(Dr.マーチンは例外)
04価格帯は2万円~3万円代。

01色については、また別のコラムで語ることとする。
02紐靴である点については革靴の王道が紐靴であるからだ。
ベルト付きや、スリッポン、つま先がやけに尖っているモノなど、デザインは様々らしいが革靴の正装はヒモである。
03は直ぐにメンテナンスできるという利点からだ。20分から30分でリーガルの踵を取り替えてもらった。
取り替え料金は約3000円。
(しかし、リーガル直営店ではないため、私が好きであった「コツコツ」の音は失われた。ここだけ残念。)
04価格は、あまりに安いビジネスシューズは通気性が悪いため足の裏の健康に良くない。
使い捨て感覚で大事にしないし、使い捨てであるがゆえに修理が不可能。
つまり安物買いの銭失いになると考えたため、
安すぎる靴は避けた。

まぁ、ビジネスシューズは
大切な仕事道具でもあるので、休日であれば磨く。
せっせと磨く。とても下手だが。

ところで、街中を見ると
サラリーマンたちは様々なシューズを履いているものである。

壊れかけているのでは?と思う靴シリーズ。
色落ちな靴。
穴?が空いている靴。
もはや破れている?靴。
ビジネスシューズはジーンズではないので色落ち、穴あき、破れなどのダメージ演出はNGである。

ファッショナブル?なのか?と思う靴シリーズ。
派手な装飾。
妙なベルト付きシューズ。
つま先がトンガっているシューズ。
踵が高すぎるシューズ。
あなたははミュージャンのPrinceですか?

健康に気をつけてるの?シリーズ。
ウォーキングシューズみたいなシューズ。

ひとりの人間と対面し、会話する際
もっとも視界に入るモノは
もちろん顔だが、
ひとりの人間を遠目に見た場合は、
顔からつま先までの全体が視界に入るのは必然である。

人は足元を見るらしい。

ゆえに足元も
「こざっぱりとして美しい小綺麗」を目指したいものである。

以上

ワイシャツ

さっぱりしていて美しい。

「小綺麗」

ビジネスシーンでの小綺麗を語る。

肌着シリーズの件は、3回(アンダーウェアパンツ、アンダーウェアTシャツ、ビジネスソックス)にわたり綴ってきた。
肌着シリーズからスタートしたので、これからのブログは肌に近い順から綴っていくこととする。

そんなわけで
今回は、
ワイシャツについてである。

わたしは
どんな洋服であれ、
自分の身体にピタリと合えば、
気が引き締まり、
動きやすく、
シャープだと考える。

ワイシャツだってそうだ。

ワイシャツはとくに
クールビズも定着して久しいからか、
様々なデザインや色のワイシャツが登場してきている。

そんな時代の背景にありながら、
私の好みは
01.襟はレギュラーか、ボタンダウン。
02.カフスはスクエア(四角)、もしくは03.バレル(角を斜めに切ってある)。
04.形態安定である。
05.サイズが合う。
06.比較的、安価である。

01~03について。
個人的には角ばったデザインが好きなだけである。
04について。
洗濯がしやすい。洗濯のコツをマスターすれば、アイロンは不要である。
05、06について。
言うまでもない。

色はホワイトが好きである。
(できる人はなぜ「白シャツ」を選ぶのか (PHPビジネス新書)という本を読んでしまったという事実も語っておこう。)

私は現在、9枚のワイシャツをビジネス用に所有しており、1日着用したら洗濯機行きという運用をしている。
9枚のうち、7枚が色はホワイトである。
残り2枚の内訳は
薄桃色と、ほとんどホワイトに近い水色である。

で、7枚のホワイトシャツは全て型番が同じものかと言うと、同一のモノは無い。

この7枚は何が異なるか?

実は
全て織柄が異なる。
縫い方の方向が
ツルッとしていたり、
ダイヤ型だったり、
ストライプだったり

ドット型だったり。

シンプルで一番スタンダードとされているホワイト色だけでも糸の織り方でだいぶ、シャツの表情が異なるのが面白い。

ホワイトシャツの利点は他にもある。
スーツの色、ネクタイの配色にあまり頭を使わなくも良い点である。

ワイシャツが色物だったり、2色以上の配色だったりするとネクタイ、スーツの配色に頭を使う。
これはこれで楽しいのだが組み合わせが限定されたり、TPOなんかへの配慮が必要になってくる。

その点、ホワイトシャツであればTPOに対して万能である。
(つまり、ホワイトシャツであれば、TPOにおける空気を読まなくて良い)

私のワイシャツに対する考え方は
「ホワイトシャツはサイズ、デザイン、織柄が最も多いため、そこにこそ魅力がある」ということである。

こんな、考え方から行き着いた末に私がワイシャツの経年劣化の度に
随時購入している店および型は下記の2店舗である。

01.東京シャツ。店名はブリックハウス。型はスリム。Sサイズの37-80がしっくり来る。
02.スーツセレクト。型はスキニー。Sサイズの37-80がしっくり来る。

ベーシックな価格帯はいずれも2800円から3800くらいである。

2店舗とも、
もうちょっと高額なワイシャツも展開しているが私は上記の価格帯の範囲で購入している。

個人的には、下記のような軍配である。

洗濯のしやすさ(生地の質)から言うと東京シャツが良い。
サイズ感で言うとスーツセレクトが良い。

そんな感じである。

当ブログでは、
わたしの個人的なモノサシでのワイシャツの選び方のポリシーを語っているに過ぎない。

みなさんにも、みなさん自身のモノサシやポリシーで
ワイシャツなり、他のファッショングッズを購入すれば良いと思う次第である。

以上。

プロフィール

ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA

Author:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA
性別:Male
生年:1976
血液:B
職業01:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン
職業02:ザ・スタイリッシュ・ストリートダンサー
職業03:オートマティック・クラブDJ
職業04:Webデザイナ
職業05:随筆家

運営Webサイト「久地アバウト」http://www.kujiabout.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。