スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち振る舞いを整える。



吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

今回は立ち振る舞いについて綴る。

颯爽と歩く。
凛として立つ。
きちんとした話し方。
など、
スタイリッシュサラリーマンなら
こころがけるべき立ち振る舞いが無数にある。
本稿では書ききれないが。

とはいえ、
我々は、
新入社員時代のマナー研修で習得したであろうマナーや立ち振る舞いを、無意識のうちに忘れてしまってはないだろうか。

かくいう吾輩も忘れる。

しかしながら、
いざ、自分に対して
「颯爽と歩け」
「凛とした立ち姿をしろ」
「丁寧にゆっくりと、話せ」
などと命令すると意外とできるものであることに気づいた。
従って継続して実践することに決めた。

そんな実践開始のきっかけは、
下記のような記述を書籍で読んだからである。
「チマチマと歩けば、弱そうに見える。
猫背な立ち姿は、貧相に見える。
早口は、落ち着きがなさそうに見える。」

まぁ、
そういった
「行動が伴う立ち振る舞い」で
人の健康度
性格の明るさ度
しっかりしてそう度などが
評価されているかもしれないと感じた。
さらに、
他人は口には出さないまでも、
心根では
「人が取る行動が伴う立ち振る舞い」に対し評価を下しているものだとも感じたのである。

「立ち振る舞いを磨くなんて行為は俺には不要だ。俺は俺だ」と考えている人もあるだろうが、そのような人は「周りへの配慮がない人だ」と烙印を押されるかもしれない。

立ち振る舞いを磨くこと、あるいは整えることは、周りへの配慮はもちろんのこと、「自分自身の心技体の整い」にもプラスに転じているので、
吾輩は継続することとする。

本日の随筆は以上だ。
スポンサーサイト

プロフィール

ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA

Author:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA
性別:Male
生年:1976
血液:B
職業01:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン
職業02:ザ・スタイリッシュ・ストリートダンサー
職業03:オートマティック・クラブDJ
職業04:Webデザイナ
職業05:随筆家

運営Webサイト「久地アバウト」http://www.kujiabout.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。