スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調髪。QBハウスなどの1000円カット店の勧め。



吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

今回は調髪の話を綴る。
男性であれ女性であれ、
美容院に行ったり、
床屋(バーバー)に行ったり、
髪の毛をセッティングしてもらう機会は
あるだろう。

男性であれば、床屋波が
多いのだろうか?

吾輩の体験で恐縮だが、
地元の床屋は
髪の毛を切り、
シャンプーをし、
顔を剃る。
という一連のサービスで、
3000円から4000円位の金額だ。
吾輩がかつて通っていた頻度は
月に1回。

だが、
吾輩は短髪だからだろうか、
1カ月が経過すると、
なんだか、だらしない感があった。

そこで、モノは試しとばかりに
2015年1月に初めて
1000円カットの代表である
QBハウスを利用してみたのである。

QBハウスの当時のキャッチコピーは
「10分の身だしなみ」である。

結論。
「はっきり言って、気に入った。」

気に入った点。
01.待ち時間が短い。
スタッフ数が適切なのと、カット時間が短いため、回転数が高いのだろう。
02.好みをきちんと聞いてくれる。相談に乗ってくれる。
地元の床屋の場合、店主の好みのカットになってしまう場合があり、注文に困ることがある。
で、お決まりの文句
「いつもの感じでカットしてください。」と注文してしまう。
QBハウスは
「サイドのバリカン○○mmは○○な感じになります。」
なんてアドバイスしてくれる。
従って、切り過ぎた、もっと切れば良かったと思った際、次回注文しなおせば良い。
03.こまめに通える。
金額が安いため、今では2週間から3週間の頻度で通うようになった。
ゆえに
だらしない髪型の期間とも、
さよならができたと言える。
また、1カ月に2回の頻度でも
調髪料金は2000円で財布に優しいと感じる。

男性だけでなく、
女性客もいらっしゃるようだ。
利用事例は下記の通り。
半年に1回は美容院に行って
魅力的な髪型に仕立ててもらい、
次回の美容院までの間は、QBハウスで
少し調髪をする。
こんな感じだ。
スマートで、賢い利用事例だと思う。

QBハウス以外にも様々な1000円カット店があるようなので、そちらにも足を運んでみたい。

そして、
たまには、少し贅沢をして、
高級ジェントルバーバーも試してみたい今日この頃である。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA

Author:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA
性別:Male
生年:1976
血液:B
職業01:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン
職業02:ザ・スタイリッシュ・ストリートダンサー
職業03:オートマティック・クラブDJ
職業04:Webデザイナ
職業05:随筆家

運営Webサイト「久地アバウト」http://www.kujiabout.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。