スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イージーでも良いので、オーダースーツを身に纏う。1

イージーでも良いので、オーダースーツを身に纏う。

吾輩は、サラリーマンである。
名前はもうある。

今回は、オーダースーツについて語る。
と、その前に
私とスーツの歴史を綴る。

1995年4月
大学の入学式に向けて、母親に連れられ丸井、コムサデモードでスーツを買う。
当時159cmの瘦せ型に合う既成スーツなんてなかったと思う。
ウエスト、パンツ丈、袖丈など直したもののブカブカだったのをよく覚えている。

1997年1月
成人式用にJUNMENで購入。
やはり、バンバンお直し入るが限界あり。

2000年
就職活動時代。
地元のテイラーで仕立ててもらった。
お値段40000円だったと思う。

2001年
紳士服業界に就職。
スーツ屋なのに、店員はスーツの着用義務無し。
不思議だった。

2002年4月〜2004年9月
コールセンター業界就職。
スーツ着用が義務付けられる。
この時期、スーツに再び興味が湧き、
丸井のビサルノビスポークを利用するようになる。
当時の値段、1着30000円くらいだったと思う。

2004年10月
ある企業にwebデザイナーとして就職。
スーツ着用が義務付けられていたものの
このあたりから5年くらいは、
スーツに気を遣っていない。
2010年01月
同企業にて総務課に異動。
社内研修、中途採用、各種イベントの司会などを担当するようになる。
2012年08月
ライフワークとしてストリートダンスを習い始める。
とともに、マイケルジャクソンのスーツスタイルはキチンとしているなと感じるようになる
2012年12月
久しぶりにオーダースーツを買う。
by麻布テーラー

この後から
ダンカン。
ブレフなどで購入するようになる。

イージーオーダースーツを買うようになった理由を振り返れば、下記の通りである。
01.きちんとした正装こそが凛としてると感じたから。
02.バシッとキマッたスーツでストリートダンスを披露すればカッコいいんだろうなと想像したから。
03.総務って、会社の看板めいていてキチンとしてないといかんなと思ったから。
04.スーツが再び好きになったから。

いった自分なりの理由が、混ざり合ったのだと
考える。

今回はここまで。
「イージーでも良いので、オーダースーツを身に纏う。」の続きは、また次の機会に綴ることとする。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA

Author:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA
性別:Male
生年:1976
血液:B
職業01:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン
職業02:ザ・スタイリッシュ・ストリートダンサー
職業03:オートマティック・クラブDJ
職業04:Webデザイナ
職業05:随筆家

運営Webサイト「久地アバウト」http://www.kujiabout.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。