スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調髪。QBハウスなどの1000円カット店の勧め。



吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

今回は調髪の話を綴る。
男性であれ女性であれ、
美容院に行ったり、
床屋(バーバー)に行ったり、
髪の毛をセッティングしてもらう機会は
あるだろう。

男性であれば、床屋波が
多いのだろうか?

吾輩の体験で恐縮だが、
地元の床屋は
髪の毛を切り、
シャンプーをし、
顔を剃る。
という一連のサービスで、
3000円から4000円位の金額だ。
吾輩がかつて通っていた頻度は
月に1回。

だが、
吾輩は短髪だからだろうか、
1カ月が経過すると、
なんだか、だらしない感があった。

そこで、モノは試しとばかりに
2015年1月に初めて
1000円カットの代表である
QBハウスを利用してみたのである。

QBハウスの当時のキャッチコピーは
「10分の身だしなみ」である。

結論。
「はっきり言って、気に入った。」

気に入った点。
01.待ち時間が短い。
スタッフ数が適切なのと、カット時間が短いため、回転数が高いのだろう。
02.好みをきちんと聞いてくれる。相談に乗ってくれる。
地元の床屋の場合、店主の好みのカットになってしまう場合があり、注文に困ることがある。
で、お決まりの文句
「いつもの感じでカットしてください。」と注文してしまう。
QBハウスは
「サイドのバリカン○○mmは○○な感じになります。」
なんてアドバイスしてくれる。
従って、切り過ぎた、もっと切れば良かったと思った際、次回注文しなおせば良い。
03.こまめに通える。
金額が安いため、今では2週間から3週間の頻度で通うようになった。
ゆえに
だらしない髪型の期間とも、
さよならができたと言える。
また、1カ月に2回の頻度でも
調髪料金は2000円で財布に優しいと感じる。

男性だけでなく、
女性客もいらっしゃるようだ。
利用事例は下記の通り。
半年に1回は美容院に行って
魅力的な髪型に仕立ててもらい、
次回の美容院までの間は、QBハウスで
少し調髪をする。
こんな感じだ。
スマートで、賢い利用事例だと思う。

QBハウス以外にも様々な1000円カット店があるようなので、そちらにも足を運んでみたい。

そして、
たまには、少し贅沢をして、
高級ジェントルバーバーも試してみたい今日この頃である。

注力点。

吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

今回はビジネスギアを揃える上で、
力を注ぐ点について綴る。

これまで、幾つかのビジネスギアの
選択論について、
吾輩の持論も踏まえて
綴ってきた。

吾輩が、
今現在、ビジネスギアの中でも慎重に選択しているのは、
ビジネスシューズである。

吾輩の
ライフワークのひとつである
ストリートダンス活動に関わりがある。
吾輩のビジネスシューズに対する要求、要件は下記の通り。

「ビジネスにも、ダンスにも活用でき、
且つ、安全、快適であること」

そんなわけで、
ビジネスシューズ選びについては、
他のビジネスギアの選択よりも、慎重且つ時間を、かけているかもしれない。

読者の皆様も、おそらく
「このビジネスギアだけは慎重且つ時間をかけたい」と思っているものがあることだろう。

そんな、
気持ちが、意外と大切である。

なぜなら、モノを、大切に扱う心が育成されていくからだ。

思い入れを込めて、
大切なビジネスギアを調達し、
手入れを怠らず、
長年、使っていきたいものである。

香水とは目に見えない身だしなみである。

吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

今回は
香水について綴る。

日本人において、香水を付ける男性は少ない。
ある調査会社のwebサイトをチェックしたら、20%の使用率とのことである。

吾輩の考えでは、香水は付けても、付けなくても良いと思う。

しかしながら、吾輩は香水を付ける。

まぁ、単純に香水の香りが優美に感じるからだ。

吾輩の場合、セレクトの基準が単純だ。

「女性が男性につけて欲しい香水ベスト5」から気に入ったものを選ぶ。

香水のボトルサイズにもよるのだろうが、
一本購入してから
大体3か月から半年くらいで香水は切れるのではないだろうか?

仮に半年くらいで、
一本調達しようとした場合、
香水屋のランキングも少し変化する。

まぁ、そこで、ベスト5に自分が使ってきた香水を再購入するも良し、
別の香りが気になったら、それを調達するも良しとしている。

現在、吾輩が出がけに使用する香水は、フェラーリのスポーティな香水だ。
しかしながら、残り少なくなってきているので再調達を検討している。
次はブルガリかカルバンクラインのCK2か・・・。

ちなみに
ストリートダンスレッスン後は、AXEスプレーでプシューだ。

何はともあれ、香りのコントロールは

「見えない身だしなみ」である。
最後に
「ブルガリの時計は、なかなか買えないが、ブルガリの香りは身にまとえる」
と言う名言(迷言?)を残しておく。


靴磨きの儀。

吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

今回は
革靴を磨くという儀式について綴ろう。

吾輩の所有する革靴は、黒のヒモ靴のみだ。

内訳は下記のとおりである。
リーガルx1
スコッチグレインx2
雨雪、プライベート用に
ドクターマーティンx1

そうして、ジュンキーノという
コシノジュンコさんが制作した1足である。

5足、すべてが黒色、ヒモの革靴だ。

ジュンキーノと、リーガルが
劣化してきたと思い、1足調達を検討した。

が、
今まで、あまり意識が向かなかった靴磨きを真剣にやってみて、
劣化した2足がどこまで復活するか検証することとした。

ミスターミニットで、さりげなくインタビューしたり、
丸井のシューズコーナーでシューケアグッズを調達したり、
youtubeで靴磨き動画を学習したりした。

で、実践。手順は下記の5ステップで良い。

01
馬毛のブラシで靴のホコリを落とす。靴の裏もブラッシングである。
土や砂も払っちゃいます。

02
クリーニングクリームを柔らかな布に付け、靴を拭き、汚れを落とす。

03
靴墨塗り用のブラシに靴墨を付け、靴に塗る。
ささ~っと大雑把でよい。

04
豚毛のブラシで、靴を磨いて靴墨を均したり、
細やかな塗りにしていく。

05
グローブ型の磨き用品で拭いて、仕上げる。
まんべんなく拭く。
磨くとも言う。
輝いてきたら手を止めて終了。


一足10分から15分の所用時間であった。

靴を真面目に磨いたら、二足とも
立派に復活したため、
新しい靴の調達は当面見送りとた。

インソールも入れ、
靴のヒモも取り替えることで、随分見栄えも良くなった。

気分が良い。

年を取ったら靴磨き屋になろうかなとも思った次第だ。

靴を磨きつつ、
技術の腕も磨く。

素敵である。

スーツギアのお手入れ

吾輩はサラリーマンである。
名前はもうある。

吾輩は土日、祝日が休日である。

休日が固定されているため、
休日の行動計画を策定しやすいのはありがたいことである。

休日はライフワークとしているストリートダンスに
時間を割いているが
一方でスーツスタイルのギアのお手入れ(メンテナンス)も楽しく行っている。
洗濯も楽しい。
吾輩が所有するワイシャツは形態安定が多いが、洗い方のお作法を会得すれば、
エリ、ソデの汚れは落ちるし
アイロンがけも不要である。

スーツのブラシ入れ。
専用のブラシでメンテナンスである。
来週もよろしくという想いも込めて、我がスーツを愛でる。

シューズのお手入れ。
これが、吾輩のお手入れの中でも
最近注力している。
調査すると色々お手入れ道具が必要だ。
揃えてみると、奥深い。

そして、最後は自分メンテナンス
ダンスはもちろんだが、
風呂掃除が楽しい。

メンテナンスについての詳細は
また、
のちのち語る事とする。

プロフィール

ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA

Author:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン・KUMASAKA
性別:Male
生年:1976
血液:B
職業01:ザ・スタイリッシュ・サラリーマン
職業02:ザ・スタイリッシュ・ストリートダンサー
職業03:オートマティック・クラブDJ
職業04:Webデザイナ
職業05:随筆家

運営Webサイト「久地アバウト」http://www.kujiabout.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。